CAMERA DAYS

A Guide to Street Photography

先日、UPSPのある写真にコメントが入りました的なメールが来たのですが、
コメントは見当たらず??状態でした。

今日何気なくA Guide to Street Photographyというコンテンツを開いてびっくり!
あのEric Kim氏が私に撮影のヒントというか心構え的なコメントをしてるじゃあーりませんか!!
http://www.photographic-competition.com/inspiration/a-guide-to-street-photography/

以下のような文面です。
Don’t spend more time researching gear than shooting photos
You don’t need a Leica camera to get compelling images.
Learn how to get comfortable with your DSLR or point and shoot and capture life through your lens.”

機材について学ぶより写真を撮ることに時間を費やそう。
いい写真を撮るのにライカは要らない。
自分のカメラをいかに快適に使えるようになるか、どうやったらlife through your lensを写せるかを研究しよう。

Don’t ask others what they like about your images
Sure it is nice to have people compliment your images and give you positive feedback and of course.
But all of that stuff doesn’t mean much in the end.
I have a simple suggestion: when you post a photo and you want helpful/harsh critique, be very open and transparent about it.”

あなたの写真の中で良いと思う所を他人に尋ねるな。

他人からのコメントやフィードバックはもちろん有難いものだけど
結局、それら他人からのコメントやフィードバックは大きな意味を持たない。
あなたが写真を投稿する時,写真に関して批評が欲しい時でも
他人からのコメントやフィードバックを意識しすぎないようにしよう。

翻訳 ポール君

ありがたいお言葉に感謝感謝です。
[PR]
# by HIROKI_FUJITANI | 2013-01-29 23:43